2015年11月25日水曜日

ピクチャの変数設定プラグイン

RPGツクールMVで使用可能な自作プラグイン「ピクチャの変数設定プラグイン」の紹介です。


プラグインの説明

ピクチャ関連のイベント命令で番号が「指定された変数の値」になるよう仕様を変更します。例えば番号に「1」を設定すると、「1」番の変数の値をピクチャ番号として設定します。プラグインコマンドから有効/無効を切り替えてください。(初期状態では無効です)

さらに、機能追加でピクチャのファイル名に変数の値を組み込めるようになりました。連番を含むファイル名などをより柔軟に指定できます。プラグインコマンド「P_D_FILENAME」を実行してから、画像を指定せず「ピクチャの表示」を行ってください。

スクリーンショット

プラグインコマンド

イベントコマンド「プラグインコマンド」から実行。

  • P_VARIABLE_VALID : ピクチャ番号の変数設定が有効になります。
  • P_VARIABLE_INVALID : ピクチャ番号の変数設定が無効になります。

一度有効に設定したら、無効にするまでずっとそのままです。

  • P_D_FILENAME [ファイル名] : 次に表示するピクチャのファイル名に変数を含めることができます。

変数は「文章の表示」と同様の書式\V[n]で組み込んでください。拡張子は指定しないでください。例 P_D_FILENAME file\V[1]

ダウンロード

プラグインファイルはGithubで公開しています。

ダウンロード(Download)

利用規約

当プラグインはMITライセンスのもとで公開されています。作者に無断で改変、再配布が可能で、利用形態(商用、18禁利用等)についても制限はありません。ただし、ヘッダのライセンス表示は残してください。

http://opensource.org/licenses/mit-license.php

更新履歴

  • 2015/11/27 ピクチャのファイル名に変数を組み込むことが出来る機能を追加
  • 2015/11/24 初版

5 件のコメント:

  1. うわあああああああ、これ凄く欲しかったやつです!!
    大切に使わせていただきます、ありがとうございます!

    あのシルバーセカンドのウディタの製作者様も、
    「ピクチャの番号を変数で指定できるようにしたかったのでウディタに実装した」といったことを仰っていた記憶があります。
    やっぱり大量にピクチャ使うゲームだと欲しい機能ですよね。

    返信削除
  2. こんにちは。プラグインのご利用ありがとうございます!
    ウディタはツクールの足りない点をうまく補ってますよね。

    返信削除
  3. いつもこちらのプラグインにお世話になっております。どれも便利な機能ばかりで大変重宝しております。
    ただこちらのプラグインについて分からないところがありまして、一つ質問させて頂きたいのですがよろしいですか?

    ピクチャ表示最大数を100枚以上に変更した場合で、
    #100以降に「ファイル名に変数を含むピクチャ」を表示させたい時、どのようにイベントを組めばよいのか分かりません。

    プラグインコマンド「P_D_FILENAME」を実行した後、画像を指定せず「ピクチャの表示」を行うところまでは分かるのですが、
    MVエディタ上ではプルダウンからピクチャの番号を♯100以上に設定できないため、♯100以降のピクチャがうまく表示できないのです…

    もしお時間ございましたらで全然大丈夫ですので、お教え頂けると嬉しいです。恐縮ですがよろしくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは! プラグインのご利用ありがとうございます!
      本プラグインでは、「ピクチャ番号」を指定した変数の値から取得することができます。
      この機能を有効にしつつ、変数[1]に値[101]を設定して、エディタ上のピクチャ番号を[1]にすると、[#101]のピクチャを扱えるはずです。

      削除
    2. 解説頂いた通り設定すると解決しました。
      当方、1~100の変数を既に一度ピクチャ番号用にすべて使用していたため、どうやらそこで色々勘違いしていたようです。
      一度ピクチャ用に使った変数の値を後で変更してしまっても、既に表示済みだったピクチャの階層には影響しないのですね。
      お手間取らせてすみません、丁寧なご返信ありがとうございます。

      削除